TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / パウロ・ガッサニーガ独占インタビューvol.4「史上最高のGKを語ろうか。」

パウロ・ガッサニーガ独占インタビューvol.4「史上最高のGKを語ろうか。」

バレンシアのユース出身GKで、プロデビューは当時イングランド4部に相当する、フットボールリーグ2を戦っていたジリンガムというクラブ。そこでの活躍が認められ、翌年にはプレミア昇格が決まっていたサウサンプトンに移籍。サウサンプトンでの在籍期間は5年間だったが出場試合は21とほとんどを控えキーパーとして過ごしていた。2017年に移籍したスパーズでも当初はサブGKだったがレギュラー奪還に成功し、遂にアルゼンチン代表に選出された。

 メディアコネクトにて、これまでのサッカー選手としての歩み、アルゼンチン代表への想い、史上最高のGK論をインタビュー動画で語っています。

今回は、全4回にわたるインタビューの最終話となります。

生年月日:1992年1月2日 / 国籍:アルゼンチン / 出身:ムルフィー / 身長:185cm / 体重:74kg / ポジション:GK / 利き足:右足 / 背番号:22
経歴:ジリンガム (イギリス・2011~2012) → サウサンプトン (イギリス・2012~2017) → トットナム・ホットスパー (イギリス・2017~)


――君もみんなと同じようにレオ(メッシ)のことを尊敬しているよね?ライバルさえ誰も彼を悪く言わない。もしレオがアルゼンチン代表でコパ・アメリカの優勝カップを持ち上げることになったらどんな風に感じるだろう?彼の後ろでいろいろと祝福の言葉はかけるだろうけど、さらに彼のことを尊敬することになるのかな?

そうだね。彼の評判はいいよね。常に最高の選手になることを目指している。色々あったけど、アルゼンチン代表として優勝カップを掲げたいと思ってくれている。彼についてはいいウワサしか聞かないね。

――誰が史上最高のゴールキーパーだと思う?

史上最高の?

――そう。今の時代のベストキーパー1人と、過去も含めて1人。その理由も。

うーん、誰だろう。

――誰を目指していた?フィジカルが強いキーパー?それともシュートを止めるのがうまいキーパー?人格者で仲間に指示を出すのが得意なキーパーもいるよね。ブッフォンはどう?ブッフォンが史上最高のゴールキーパーだって言う人は多いよね。僕の場合はウバルド・フィジョール(現アルゼンチン代表キーパーコーチ)だけどね。

史上最高キーパーは、そうだな、ペトロ・チェフ、ファン・デル・サール。自分が見てきた中でベストな選手は彼らだよ。

――君にとって良いキーパーとは?

ブッフォンはゴール下でのプレーがライオンみたいで好きだ。だからずっと好きだった。

――彼はすごく自己管理もできる選手だよね。ブッフォンと話したことはある?

うん、少しだけね。いい人だった。ちょっとしか話してないけど、素晴らしい人だと思った。

――スポーツでも人間的にも高いレベルにいる選手だし、きちんとしているんじゃない?

なにより自己管理をしっかりしているよね。真のプロフェッショナルだよ。昨日、ユヴェントスとミランの試合があったけど、いつものように見事にシュートを止めて、ユヴェントスの勝利に貢献していた。

――ここ(イングランド)でクン・アグエロ(セルヒオ・アグエロ)と対戦したよね?彼もすごい選手だよね。彼との対戦はどうだった?彼と話はした?彼にゴールを決められたけど、その場面を覚えてる?イングランドでアルゼンチン人キーパーとして彼と対戦してみた感想は?

彼に入れられたゴールは覚えてるよ。僕がサウサンプトンでプレーしてた時だ。僕たちのホームだった。

マイナスのクロスから決められたんだけど、あとから彼のゴールだって知った。彼との対戦は難しいよ。

どう難しいかというと、いつどんな風に仕掛けてくるか分からないところ。

――彼と話した?イングランドでアルゼンチン人選手と対戦するとき、試合中に言葉を交わすことはあるの?

いや、試合前はないね。試合後ならあるけどね。僕は口数が少ない方だから、話しかけたりするのはちょっと恥ずかしいんだ。

――クンと話したことはある?何か話かけてくれた?

いいや、ないね。ユニフォームをくれって頼んだことはあるけど、でもどうやって頼んだのかは覚えてない。

僕はシャイだから、そういうことをするのはすごく勇気がいるんだ。

――クンはユニフォームをくれた?

うん。

――君はキーパーのユニフォームを彼にあげた?

覚えてない。気づいたら彼のユニフォームが手元にあった。で、その後すべて忘れちゃったよ。

――いろいろな選手のユニフォームを集めてるの?なんで?

昔からユニフォームを集めるのが好きだった。ユニフォームは山ほど持ってるよ。あらゆるクラブのをね。

――ピッチでの一番大きな目標は?ピッチではどんな夢や目標がある?引退する日に、夢をかなえたと言えるような目標は何?

トッテナムで何かの大会で優勝することかな。実現したら素晴らしいね。

――長い間何のタイトルもとれないのは辛い?

なかなか辛いよね。でも、何よりここイングランドではあらゆる大会で本当にレベルが高い。

本当に難しいし、厳しいよ。だからこそ、ここでタイトルを勝ち取ることは大きな夢なんだ。

――アルゼンチン代表に復帰した時の夢は?

もちろん、優勝カップを掲げることさ。

――人生での目標は?田舎で育って、バレンシアに移って生活が一変して、下部カテゴリーでプレーして、自分の人生をどう振り返る?どんな風に人々の記憶に残りたい?

いいやつだったと思い出してもらいたいな。いい仲間だったとね。家族だったら、いい息子でありたいし、将来的にはいい父親になりたい。そして、いい兄貴でありたい。

▼インタビュー動画はこちら▼

End(お読みいただきありがとうございました。完 次回投稿は10/11(日)予定)

RELATED POST