TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / ニコラ・アネルカ独占インタビューvol.2『サッカー選手とSNS』

ニコラ・アネルカ独占インタビューvol.2『サッカー選手とSNS』

ニコラ・アネルカ。パリ・サンジェルマンやアーセナル、レアル・マドリード、チェルシーなどといったビッグクラブで活躍した、元フランス代表のストライカーである。

現役時代は、圧倒的なスピードと研ぎ澄まされた得点感覚を武器に、プレミアリーグで得点王にも輝いている。

今回はそんなニコラ・アネルカに、メディアコネクトが独占インタビューを行った。

ビッグクラブで活躍するフォーワードの条件、異国でプレーする際に克服すべきこと、若い選手へのアドバイス、などについて伺った。

今回は、全2回にわたるインタビューの最終話になります。

▼ニコラ・アネルカのプレー集です。こちらからご覧ください。▼

生年月日:1987年2月14日(34歳)
出身地:フランス・マルティニーク
身長:185cm
体重:83kg
在籍チーム:エバートン
ポジション:FW
背番号:39
利き足:右足
経歴:1996-1997 パリ・サンジェルマン/1997-1999 アーセナル/1999-2000 レアル・マドリード/2000-2002 パリ・サンジェルマン /2001-2002 リヴァプール(ローン)/2002-2005 マンチェスター・シティ/2005-2006 フェネルバフチェ/2006-2008 ボルトン/2008-2012 チェルシー/2012 上海申花/2013 ユヴェントス(ローン)/2013-2014 WBA/2014-2015 ムンバイ

vol.1はこちらから


-子供の頃の思い出はいかがですか? 誰と一緒にトレーニングをしましたか? 将来の夢は何でしたか?

友達と遊びに行った時、将来の夢についてよく話したのを覚えてるよ。多くの子供が憧れる夢を実現できたのは、素晴らしいと思う。

-現代のフォワードについてどう思いますか? ニコがプレーしていた時に、なかったことが沢山ありますよね。特にSNSとか。サッカー選手は、ロックスターのようになりましたね。

そうだね。それを管理するのは難しいと思う。確かに僕がプレーしてた頃はSNSなんてなかった。

また、稼げるお金がかなり多いけど、その分プレッシャーの面で難しくなってるね。何かをするとき、何かを言うとき、また何かが起こるとき、世界中の誰もがそれを知ることができる。SNSは扱いにくいと思うよ。

けど、それを新世代の一部だと言うこともできるかな。新世代は日常生活でSNSを使うから、その問題を扱えるんじゃないかな。誰かに選手のSNSのアカウントを管理させるとか、誰かと一緒に管理することが必要だね。

管理は簡単じゃなくて、将来的にはもっと難しくなると思う。10年後にどうなるのか分からないけど、今はスナップチャット、インスタグラム、フェイスブックとかがあって、10年後にはさらに増えるんじゃないかな。

だから、SNSを管理するための精神力を持たないといけないよね。

-若い選手にどのようなアドバイスをしますか? スポーツと精神の面で。今の世代は繊細ですし、あなたにも子供がいます。プロになることを夢見ている若い選手にとって、どのようなアドバイスをしますか? どのくらい監視される必要があると思いますか? 彼らが成功しない場合は、どうすればよいでしょうか?

夢を叶えるために、努力して、努力して、努力すること。

親として、SNSで起こっていることや、若者のライフスタイルがどのようになったのかが分かってきたね。プロになりたい選手も何人も知っている。夢を実現するために、一生懸命トレーニングするようアドバイスするかな。

あとは、止めるのは難しいから、 SNSをチェックしすぎないように言うよ。SNSに気を取られないで、サッカー選手としての人生を生きてとね。

サッカー選手は素晴らしい仕事だから。
多くの子供たちはプロになりたいと思っているけど、それを実現できる人はほとんどいない。真剣にトレーニングに集中すること。沢山トレーニングすることが、サッカー選手になるための鍵だよ。

-ニコは世界各国を周りましたね。そして、あなたはいつも子供たちと特別な繋がりがありました。子供を見た時、バスから降りて子供たちに挨拶する最初の人がニコでした。ニコは日本や中国、南アメリカにある子供の施設には訪れたことがありませんよね?

いや、一度ブラジルにある施設に行ったことがある。

-そうですね、ブラジル。子供といる時は自分の子供時代を思い出させますか?

もちろん!子供の頃、サッカー選手になることを夢見ていたからね。僕にとって、サッカーは特別なんだ。

夢を叶えることができて幸運だったよ。小さい頃、南アメリカで人気があるかどうか分からないけど、アニメの「キャプテン翼」を観ていたね。見つけたら是非観てみてよ。アニメのキャラクターのようになりたかったから、一生懸命努力したんだ。

確かに若い選手や子供を見ると、僕の子供の頃のことを思い出すね。20年、30年前の自分自身を思い返すと、僕はプロになるのに手間取ったよ。そんな苦労があったからこそ現在の僕は、その頃の情熱や考えなどを子供たちに伝えようとしているんだ。プロになることは、とても難しいからね。

-最後の質問にいきましょう。もしあなたが、道で子供の頃の自分に出会ったとしたら、何をすべきで、何をすべきではないと教えてあげますか?

まずは、楽しむことを教えるよ。サッカーはスポーツだけど、ゲームの一種だ。「素晴らしいゲームだから、是非楽しんで」と彼に言うね。ピッチでは、喜びを感じて楽しむこと。それが最も基本的なことだよ。喜びを感じていないなら、サッカーをしない方がいいね。

だから、楽しんで。クラブに入団できるまでにした努力を続けて、ということかな。

サッカーには大きなプレッシャーがあり、お金も沢山絡むけど、基本はプレーすることに喜びを感じて楽しむこと。それが欠けていたらサッカーじゃないよ。

▼インタビュー動画はこちら▼

END(次回の投稿は12/5(日)予定)

RELATED POST