TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / マヌエル・ランシーニ独占インタビューvol.2 『名門ライバルによる”スーぺル・クラシコ”』

マヌエル・ランシーニ独占インタビューvol.2 『名門ライバルによる"スーぺル・クラシコ"』

ランシーニはアルゼンチン出身のミッドフィルダーで、2015-16シーズンにウェストハムに加入すると、創造性あふれるテクニックを駆使して、攻撃陣の中心選手として牽引している。

「The 南米」スタイルを体現する、ランシーニ選手にこれまでのサッカー選手としての歩み、悲劇の怪我によるロシアワールドカップメンバー外、メッシとの関係性などメディアコネクトにその胸中を語っていただいた。

 今回は、全4回にわたるインタビューの2回目となります。

生年月日:1992年1月2日 / 国籍:アルゼンチン / 出身:ブエノスアイレス / 身長:169cm / 体重:64kg / ポジション:MF / 利き足:右足 / 背番号:10
経歴:リーベル・プレート (アルゼンチン・2010~2014) → アル・ジャジーラ (UAE・2014~2016) → ウェストハム (イギリス・2016~)


――初めてのボカとのスーパークラシコはどうでしたか?

初めてのクラシコは外から見ることになった。ベンチメンバーだったんだ。

リーベルのホームゲームだったね。

“ジョニ”(ホナタン)・マイタナのゴールで1-0で勝ったんだ。

ヘディングを決めて、素晴らしかった。なんと言っても初めてクラシコでメンバー入りしたんだからね。

それまではいつもサポーターとしてスタンドから父や兄と見ていたんだから。

それが中から雰囲気やサポーターを見られるなんて。信じられない1週間だった。

――ボカ相手のゴールはいつだってサポーターからの愛が深いけど、どんな瞬間にサポーターの愛を感じましたか?大事な試合でのゴールなど?

僕にとって一番印象に残っているゴールはボンボネラ(ボカのホームスタジアム)でのゴールだね。あの有名な“ラミラソ”(ラミロ・フネス・モリが終了間際にヘディングで挙げた決勝点)の2点目によって2-1で勝った試合だよ。それまでリーベルは長いことボンボネラで勝てなかった。見事なプレー、ゴールの場面、コンビネーション、すべてをよく覚えている。すべてが美しい思い出で僕のお気に入りの試合さ。

――若い頃、リーベルの選手としてボカのスタジアムのピッチに入った瞬間の感覚は、慣れてくると薄れるもの?やっぱりボカのホームは特別?ボカのサポーターも歌うし、両チームとも歌うけど、やっぱりボカの重圧を感じますか?

もちろん。なんたってクラシコなんだ。クラシコは特別なものなんだ。まだ3試合もあるのに人々はもうスーペルクラシコの話をし始める。

あそこでプレーする、ピッチに入るというのは本当に信じられないような経験なんだ。

若い頃は、どんな風に感じ、どんな意味があるのか深くまで考える余裕はなかったけど、

とにかくピッチに入ったら何も考えずにとにかく前を向いてプレーするのみだった。

――サポーターだったチームでプレーすることの危なさは?

そうだね。僕の場合はいつだって楽しめた。サポーターであり、入団したかったクラブに入れた。

幼い頃からの夢が叶ったわけだから。だから、リーベルであったことはすべて楽しめたよ。

――子供の時の夢が叶い、そこでいい思い出ができた。次の目標は何?ヨーロッパに行くこと?代表で活躍すること?もっと稼げるようになること?リーベルにいればヨーロッパのクラブよりは稼ぎは少ないってことだけど。代表から初めて声がかかった時はやっぱり嬉しかった?

そうだね。代表でプレーすることはすべての選手にとって2つ目の夢だと思う。

子供の頃、「君の将来の夢は何?」って聞かれた時、みんな自分が応援しているクラブでプレーしたいって言ったけど、僕の場合はそれがリーベルだった。

そして2つ目がアルゼンチン代表でプレーすることだった。初めて代表に行った時、リーベルでデビューした時と同じ感覚を味わった。夢だったし、憧れの選手たちと一緒にプレーできることが信じられなかった。

深くは考えなかったけど、とにかく最高だった。

――サッカーを愛するものとして、リーベルや代表のユニフォームを着てベンチで出番を待っている間、今でも特別な気持ちになる?

夢だったからね。自分の国の代表としてプレーするのは夢だった。全選手が団結して大会に臨み、国民に喜びを与え、父にはそれができたことを知っていたからね。

何度も言ったとおり、それが夢だしそれがすべてさ。リーベルで感じたことと同じことさ。リーベルのユニフォームを着た時とね。そのユニフォームとクラブのために戦うことをずっと夢見てきたんだ。

父もリーベルのサポーターだったし、家族全員がリーベルのサポーターだった。兄や息子とリーベルのスタジアムに行く時、いつもそれを思い出すんだ。

僕の息子は生まれてすぐにリーベルのサポーターに登録した。

だから、それはつまり一種の誇りなんだ。

▼インタビュー動画はこちら▼

To Be Continued…(vol.3は10/25(日)投稿予定)

RELATED POST