TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / フランク・デ・ブール独占インタビューvol.2『続・現オランダA代表監督による若手育成論』

フランク・デ・ブール独占インタビューvol.2『続・現オランダA代表監督による若手育成論』

ディフェンダーでありながら精度の高いキックを武器に、
名門チームそして長年オランダ代表の中心的存在として活躍。
双子の兄弟(ロナルド)がおり、共に多くのクラブでチームメイトとしてプレイをした。

アヤックス下部組織から1988年トップチーム入りを果たす。
在籍時にはヨーロッパカップ、チャンピオンズリーグとビッグタイトル獲得に貢献。
1999年にはバルセロナへ移籍し、キャプテンも就任した。晩年はトルコやカタールでもプレイ。

引退後は監督業をスタート。古巣アヤックのユースチームから経験を積み、2020年9月からオランダA代表の監督に就任した。

今回は、全2回にわたるインタビューの最終話となります。

生年月日:1970年5月15日
出身地:オランダ
身長:180cm
体重:76kg
ポジション:DF
利き足:左足

経歴:1988-1999 アヤックス/1999-2002 FCバルセロナ/2003-2004 ガラタサライ/2004 レンジャーズ/2004-2005 アル・ラーヤン/2005-2006 アル・シャマル


――アカデミーでの指導の質が問われていますね。

もちろん、誰もが一度はバルサやアヤックスのアカデミーについて聞いたことがあるだろう。これらのアカデミーには常にオランダ人コーチの影響があり、根底にはアヤックスのフィロソフィーがある。

サッカーの考え方やフィロソフィーは基本的には同じものなんだ。そのベースには、成功、楽しむこと、クオリティ、エンターテイメントがある。例えば、それはバルサを見たい人たちにとってもっとも重要なことでもある。

無礼を承知で言わせてもらうと、チェルシーのようなサッカーは退屈だ。

ポジティブにいえば、彼らの試合は退屈な結果に見える。アヤックスについて同じことを言うことはまずない。我々はいつだって観衆を楽しませようとしているし、最高のレベルでハイクオリティのサッカーを提供しようとする。

だから、多くの新興クラブは、おそらく基本的にはそれをコピーしたいと考えている。なぜなら我々には100年以上も前から現在に至るまでの経験がある。コーチとはどうあるべきか、サッカー選手としてどう少年たちを指導するか、身体で覚えるのではなく、頭と脚を使うことだというようなことをね。

(サッカーは)いつだって脳内のクオリティからスタートするものであって、決してフィジカルトレーニングやランニングからじゃない。(フィジカルトレーニングは)誰だってできるからね。

だけど、イニエスタやシャビを見れば、最後はフィジカルじゃないことがわかるだろう。脳内でのクイックシンキングこそが勝敗を分けるんだ。ボールより早く走れる奴なんていないからね。

――良い選手を育てるために、資金も必要になりますか?

それは非常に重要なことだよ。それはいつだって重要なことだったし、今の時代ならますます重要なことなんじゃないかな。なぜなら我々は財政的な問題に直面しているからね。

だがそれだけじゃない。私も含めて誰もが考えていることだ。
今年、我々は大きな利益を上げることができたが、クラブの健全な経営はとても重要なことだ。

我々のフィロソフィーは、トップチームでプレーできるクオリティを持った若い才能ある選手たちが、常に少しでも早く容易にチャンスを掴めるようにすることだ。選手もそれを理解しておくべきだし、すでに理解している。もし外から外国人選手を連れてきても、彼は何を期待されているか理解できないだろう。

一方、ここで育った選手たちは、何も言わなくてもチームに直にフィットできる。それはとても重要なことだ。

もちろん、結果を出すことは重要だ。
だが、若い選手がこのフィロソフィーを共有し、それを信じていれば、才能ある選手は自ずと出てくる。
なぜなら、彼らは早い段階でアヤックスのトップチームでプレーできるチャンスがあると考えているからだ。

たとえば、PSVは異なるフィロソフィーを持っている。彼らは常に結果を見る。
たとえ才能ある選手でも、もしまだ準備ができていなければ、彼らは普通の才能ある若い選手がたどる道を歩むことになる。

フェイエノールトの場合は、財政問題を抱えている。だから、若い選手たちを使わなければならない。
その意味では、若い選手たちにとってよい環境だとも言える。いつも彼らのチームには、まだ18歳の選手が何人かいる。つまり、若い選手たちとともに長い道のりを歩むことができる分、同時に彼らを起用する勇気と決断力も必要になる。

彼らには経験が必要なんだ。毎週試合でプレーすることの意味やストレスと向き合うことを学ばなければならない。もし彼らがチャンスをもらうことができなければ、才能を発揮する前に年齢だけを重ねてしまうだろう。

――若い選手がプレッシャーに負けてしまうことも見られます。

だが、彼らはまだ子供なんだ。それはわかるだろう。そうなってしまうのは仕方ない。

そして、彼らが一度こうなると(手を少し上げるゼスチャー)、時にはこうなるが(手をさらに上に上げるゼスチャー)、二度とこうなること(手を下に下げるゼスチャー)はほとんどない。

なぜなら、彼らはすでに多くの重要な試合を経験し、11人のメンバーの1人としてプレーすることの意味や、もはや少年のように振る舞うことが許されないことを理解しているからだ。

彼らは成長しなければならないし、そうなった時はアヤックスやフェイエノールト、もちろんバルサにとって素晴らしいことでもある。

彼らはチャンスを掴み、それを実感することができる。それゆえ、多くの子どもたちがアヤックスに入りたがるんだ。我々にはチャンスがあるし、フットボールアカデミー界のハーバード大学のような存在になりたいと思う。ここに来れば素晴らしい教育を受けられるし、ここを出る時には大きな仕事ができる準備ができているという感じでね。

▼インタビュー動画はこちら▼


To Be Continued…(vol.2は2021/1/10(日)投稿予定)

RELATED POST